金の菊芋の飲み方はこれ | 飲む量や飲み合わせを整理しました

金の菊芋を飲む量は?

飲み方

 

金の菊芋を飲む量は、1日あたり6粒から20粒です。

 

1袋が約30日分で、210粒含まれていることを考えると、1日あたり7粒飲むのが一般的だと考えられます。

 

まずは1日7粒から試してみて、体調や効果の現れ方に応じて量を調整していくのが最適と思われます。

金の菊芋は結構美味しくて、ついおやつ感覚でポリポリ食べてしまいがちですので、食べ過ぎないよう注意が必要です。

金の菊芋を飲むタイミングは?

金の菊芋を飲むタイミングは、食事前です。
朝昼夕の3食の食前30分くらい前に飲んでおくことがおすすめです。

 

食事と全く関係ないタイミングで、おやつ感覚で食べてしまうと、全く効果が発揮されないことがあるため注意が必要です。

 

朝昼夕の食事量にもよりますが、1日に飲む量が7粒であることを考えると、3食前それぞれ2粒・2粒・3粒などに分けて飲むことが最適ではないでしょうか?

 

金の菊芋を食事前に飲むべき理由などについては以下のページに詳しくまとめています。
金の菊芋は飲むタイミングを間違えると効果激減?

金の菊芋で注意すべき飲み合わせは?

金の菊芋は、水やぬるま湯と一緒に飲むことがベストです。

 

胃の中で粒が適度にほぐれ、後からやってくる食事としっかり混ざり合うことで、食後の血糖値を抑える効果が最大限に発揮されます。

 

飲み方

 

金の菊芋は成分の99%が菊芋のため、不純物はほとんど含まれていません。
また、菊芋自体は食品ですので、特に悪いと考えられるような飲み合わせはありません。
寧ろ、金の菊芋は食事と一緒(食前)に飲むことを前提につくられているため、飲み合わせについてはほとんど注意する必要はないと思われます。

 

【機能性表示食品】金の菊芋サプリメント

page top